女性特有

妊娠中のイソフラボンの対応に関して

健康食品として注目されているイソフラボンですが、過剰に摂取すると体に悪影響を及ぼすことがあります。
特に妊娠中の場合は注意が必要です。

イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあり、更年期障害や生理不順などホルモンバランスの乱れによる症状に効果があります。
また乳がんや子宮がんの予防効果もあるため、女性ホルモンが減少した場合には効果があり、女性に人気の成分となっています。

しかし女性ホルモンと似た働きのあるイソフラボンを過剰に摂取すると、逆にホルモンバランスを崩してしまいます。
特に妊娠中は女性ホルモンの分泌が多くなっているため、積極的にイソフラボンを摂ると過剰摂取になってしまいます。

さらに妊娠中の場合はお母さんだけでなく、お腹の赤ちゃんにも影響がでることがあるので注意が必要です。
特に男の子の場合は、外性器に影響があることがあります。

イソフラボンは大豆製品に多く含まれています。
女性ホルモンの分泌が多い妊娠中は、1日に40mg程度のイソフラボンを摂取すればよいといわれています。
この程度であれば普段の食事だけで十分な量を摂ることができます。
みそ汁を飲むと母乳が出るとも言われていますから、サプリメントよりもバランスの良い食事を摂ることが大切です。


このページの先頭へ