女性特有

イソフラボン摂取の魅力的なタイミング

同じようにイソフラボンを摂っていても、効果に差がでたり、効果の出るのが遅かったりすることがあります。
その人の体質やイソフラボンを摂るタイミングなどによっても違いがでることがあります。

イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをするため、過剰に摂取すると逆にホルモンバランスを乱すことがあります。
ですが摂取量に注意をして毎日続けることで、美容と健康に効果的な成分となります。

ホルモンに作用するイソフラボンですが、ホルモンによっては分泌される時間帯がことなります。
有効な時間に合わせて摂ることも、効果を得るためには重要になります。
しかし女性ホルモンは1日中分泌量に変化がありません。

イソフラボンには快眠に必要なホルモンを生成する働きがあるので、寝る前に温めた豆乳をとることで眠りに入りやすくなります。
1日の必要量が不足している場合は、きなこを入れるとさらに効果を得ることができます。

また朝であれば朝食前に豆乳を1杯飲むとよいでしょう。
さらに朝食に味噌汁や納豆などの大豆製品を摂ることで1日に必要量をクリアすることができます。

イソフラボンは大豆製品に含まれているため、味噌やしょう油などの調味料からも摂ることができます。
1日の摂取量はそれ程多くないため、過剰摂取にならないように注意しながら毎日続けることが大切です。


このページの先頭へ