女性特有

イソフラボンを使用する用途

食文化の欧米化や運動不足、ストレスの多い生活などから健康に気を付ける人が増えています。
現在では多くの健康食品やサプリメントなどが販売されていますが、最近注目されているのがイソフラボンです。
イソフラボンは大豆胚芽の多く含まれている成分で、女性ホルモンと似た働きがあることや、植物由来の抗酸化作用が美容と健康、病気の予防に効果があることで人気となっています。

年齢を重ねると女性ホルモンの分泌が少なくなっていきます。
それによって更年期障害や乳ガン、子宮ガンなど女性特有の症状が現れたり、ガンを発症するリスクが高くなります。
イソフラボンは女性ホルモンと似た作用があるため、更年期障害の症状を緩和やさまざまなガンを予防する効果があります。

イソフラボンの抗酸化作用は、食文化の欧米化や運動不足、生活習慣などによってドロドロになった血液をサラサラにする作用があります。
血液中のコレステロールや中性脂肪を排出することで、脳梗塞や心筋梗塞、高血圧など生活習慣病の予防をしてくれます。
更年期障害の緩和や生活習慣病の予防に加え、美肌や美白効果もありますから、美容と健康を目的とする人にはイソフラボンは最適といえるでしょう。
イソフラボンは大豆製品に多く含まれているので、毎日の食事に豆腐や納豆、みそ汁などをプラスするだけでも必要量を摂ることができます。


このページの先頭へ