女性特有

イソフラボン摂取のリスクの詳細

ヘルシーで普段の食事からもとることができ、美容と健康に効果があることでイソフラボンが注目されています。
イソフラボンは大豆製品に多く含まれているため、豆腐や納豆、味噌やしょう油など普段の食事からも手軽に摂ることができます。
血液中のコレステロールや中性脂肪を排出してくれるため、血液サラサラ効果で脳梗塞や心筋梗塞、高血圧などの生活習慣病を予防してくれます。

また紫外線によるメラニンの生成を抑える効果があるので、シミやそばかすを薄くする美白効果、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促し美肌効果をもたらしてくれます。
イソフラボンの一日の摂取許容量は75mgです。
大豆イソフラボンの含有量は、豆腐1丁で60mg、納豆1パックで37mgも含まれています。
簡単に摂りやすいのが豆乳で、200mlで50mgも含まれています。

ですから1日1回の食事を和食にするだけでも十分な量を摂ることができるのです。
食事からイソフラボンを摂る場合、必要以上のイソフラボンは体外へ排出されてしまうので摂り過ぎを気にすることはありません。

大豆製品が苦手という人はサプリメントで補うこともできます。
サプリメントの場合は、体に吸収されやすく作られているため、過剰に摂取すると女性ホルモンが乱れることがあります。
調味料などの食事にもイソフラボンは含まれているため、サプリメントの摂り過ぎには注意が必要です。


このページの先頭へ