女性特有

イソフラボンの化粧品としての効果

乳ガンの発生を抑えてくれる効果があることで知られるイソフラボンですが、最近では化粧品の成分としても注目されています。
イソフラボン配合の化粧品を使うと、肌がもちもちしたり、白くなるといった効果があるようです。

女性ホルモンと似た働きをしてくれるイソフラボンは、コラーゲンの生成を促す作用があります。
コラーゲンの働きを活発にすることで肌の若返りを助け、肌にハリを与えてくれます。
イソフラボンにコラーゲンが含まれているわけではありませんが、コラーゲンを作り出す手助けをしてくれるのです。

また紫外線によって作られるシミのもとメラニンの生成を抑える作用もあります。
そのためシミやソバカスなどによる色素沈着を防ぎ、白い肌へと導いてくれます。

豆乳にはビタミンB郡や美容ビタミンといわれるビタミンEが豊富に含まれていて、肌荒れや吹き出物を防いだり、肌の血行をよくするなどのさまざまな美容効果があります。

イソフラボンは天然成分のため副作用http://www.synchroboards.com/sideact.htmlがありません。
洗顔後の肌への浸透がよく、刺激が少ないため敏感肌の人でも安心して使うことができます。

女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンには抑毛効果があります。
イソフラボンを配合したクリームなどを体に塗ることで、脱毛のように肌を傷めることなくムダ毛を薄くすることができます。
普段使っている化粧水をイソフラボン入りの化粧水に変えることで、顔の産毛を薄くすることもできます。



このページの先頭へ