女性特有

イソフラボンは女性特有とされる理由

年齢を重ねると女性ホルモンが減少し、冷え性や倦怠感、だるさやイライラなど様々な体調不良に悩まされるようになります。
病院で診察を受けても大きな原因がなく、我慢している女性は多くいるようです。
最近では不規則な生活や無理なダイエット、偏った食事、ストレスなどによって20~30代にもこのような体調不良に悩まされる人が多くなっています。
このような女性特有の体調不良に効果があるといわれているのがイソフラボンです。

体調不良の代表的な症状にホットフラッシュがあり、突然頭に血が上ったようになる「のぼせ」や、突然体が熱くなったり汗が止まらなくなるなどの「ほてり」といった症状です。
ホットフラッシュは、女性ホルモンの一つであるエストロゲンの減少が原因となります。
エストロゲンが減少することによって、血管運動神経症状である「のぼせ」や「ほてり」といった症状が現れるのです。

このような女性ホルモンの減少による症状には、ホルモンを補充してホルモンバランスを整えることで症状が改善されます。
イソフラボンは女性ホルモンの生成を促進する働きがあります。
豆腐や納豆、味噌などの大豆製品にイソフラボンは多く含まれているので、手軽に摂ることができます。
毎日の食事に大豆製品を摂りいれることで、女性特有の体調不良を軽減することができます。


このページの先頭へ