女性特有

イソフラボンの病気への効果

大豆に多く含まれているイソフラボンには美容だけでなく、病気予防などの健康面でも効果があることで人気になっています。
イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンと似た作用がありますが、その他にも抗酸化作用や過剰な活性酸素を抑える作用があります。

女性は年齢を重ねることで女性ホルモンの分泌が減少します。
エストロゲンの減少は、更年期障害や骨粗しょう症などと関係しているといわれます。
イソフラボンが減少したエストロゲンの代わりとなり、ホルモンバランスを整えて更年期障害を軽減してくれます。
またイソフラボンには骨からカルシウムが流れ出すのを防ぐ作用があるので骨粗しょう症を予防してくれます。

偏った食生活やストレス、喫煙などによって体内の活性酸素が多くなると、細胞が酸化し生活習慣病や老化の原因となります。
イソフラボンには活性酸素を除去する抗酸化作用、血中コレステロールや中性脂肪を排出し血液をサラサラにする作用があります。
これによって動脈硬化http://www.mp3lerim.org/doumiyakukouka.htmlや高血圧などの生活習慣病を予防してくれます。

さらにガン細胞に栄養を与え増殖するために作られる血管新生を防ぐ作用もあります。
乳ガンや子宮ガンなどホルモンに関するガンを予防してくれます。


このページの先頭へ